Daily Archives 2018.01.09

ノベルティ制作

2018.01.09
/ / /
Comments Closed

今や売り上げの一部をあげるほどに大きな位置をしめるようになったノベルティを、自社制作で準備する企業や団体も増えました。おおよそのノベルティは標準的なスタイルだけを作り、社名や団体名は自分たちで入力するという形が主流ですが、形だけを作って外見の装飾は自分たちでやるというタイプのものも増えてきました。

町のイベントでのろしを設置する人や景品が訪問者にもれなく配布されるといったものも、白塗りのものを購入して色づけを自分たちでするといった形も増えています。実はフルカラーの製品よりも色がはいっていないものの方が、手間がかからない分だけ安くなっている場合もあるのです。絵心のあるスタッフがあれば手描きのものを作成しても良いのですが、なかなかそれが難しいという場合はデザイナーに依頼する事になります。

タオルノベルティの多くは景品という使い方が主流になるゆえに小物や雑貨のたぐいが多くなります。種類も多種多様仁なります。中にはピルケースというのもあります。ノベルティをどういった目的で使用するかによって、導入する製品種類、経費などが決まってきます。売り上げアップを目標にするなら自社製品やサービスに関連した商品になるはずです。

店舗によってはオーダーも受け付けていますから、何をどのように運営していくかの企画会議が重要な位置をしめるようになります。商品開発部門のスタッフが業務にあたりますが、一例としてノベルティ制作サイトを利用しての発注やオーダーも考えられます。